スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

False Positive vs. False Negative

けさ方、緊急地震速報が入ったものの、地震はなかったようです。(寝てました)

大きな地震の発生は人命にかかわるというその特性上、False Negative(検出漏れ)があってはなりません。そのため、今回みたいな「緊急地震速報がきた!でも、たいした地震こなかった・・・」というFalse Positive(誤検知)が発生する方が全然マシです。

ただし、あまりにFalse Positive Rateが高すぎるとオオカミ少年になってしまうので、その点に注意が必要ではありますが。

一方、スパムフィルタの場合は、False Positiveが発生すると正常なメールが手元に届かなくなってしまって困るので、False Positive Rate (FPR) < False Negative Rate (FNR)となるように設計すべきです。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:SPAMメール対策 - ジャンル:コンピュータ - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

10 : 36 : 58 | セキュリティ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

待ち行列のM/M/1モデルにおける平均滞在時間Wwの導出

※ひとつ前のエントリ「待ち行列のM/M/1モデルにおける平均滞在数Lwの導出」の続きになります。
つまり、平均滞在数Lw=ρ/(1-ρ)であることが既にわかっているものとして話が進みます。
続きを読む

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育 - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

18 : 47 : 20 | 数学-トラヒック理論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

待ち行列のM/M/1モデルにおける平均滞在数Lwの導出

M/M/1の待ち行列内にj個の呼が存在する確率をPjとするとき、次のような状態遷移図を描くことができる。
   M/M/1モデルの状態遷移図
続きを読む

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育 - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

22 : 04 : 16 | 数学-トラヒック理論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ポアソン分布Pk(t)が確率分布になることを示せ

問. ポアソン分布image002.gifが確率分布になることを示せ。
続きを読む

テーマ:算数・数学の学習 - ジャンル:学校・教育 - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

23 : 35 : 18 | 数学-トラヒック理論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2つの窓口に2列で並ぶより1列で並んだ方が待ち時間は短い

本日のトリビア

2つの窓口に2列で並ぶより、初めは1列で並び窓口の直前で2手に分かれた方が待ち時間は短い。
続きを読む

テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術 - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

00 : 57 : 00 | 数学-トラヒック理論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

TBVector

Author:TBVector

プロフィール

メールフォーム

記事検索

Google

最近の記事

人気の記事

過去の記事

カテゴリー

タグランキング

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。