スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
スポンサード リンク

プログラムコードの行数を数えるには wc -l

面接などで開発したプログラムコードの行数を聞かれることがありますが、たいてい複数のファイルに分割されているので、全てのプログラムをエディタで開いて行数を見ていくのは大変です。

そんなときには、wcコマンドを使います。
wcはword countという名の通り、単語数を数えるためのプログラムですが、オプションとして -l を指定することで行数を数えることができます。これとワイルドカード (*) を合わせることで複数のファイルを同時にカウントすることができます。
例えば、javaで開発した場合は、プログラムの格納されているディレクトリへ cd で移動した後、以下のようにコマンドを入力します。
$ wc -l *.java
すると、以下のような出力が得られます。
 123 Hoge.java
298 HogeHoge.java
23 HogeHogeHoge.java
444 total

Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)
沓名 亮典

技術評論社 2005-05-10
売り上げランキング : 7061
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサード リンク

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

23 : 38 : 01 | プログラミング-UNIX | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Googleの検索結果ですべてのサイトが「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」と表示されている!? | ホーム | Officeドキュメントにパスワードをかける>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://networkprogramming.blog18.fc2.com/tb.php/119-fb97912b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

TBVector

Author:TBVector

プロフィール

メールフォーム

記事検索

Google

最近の記事

人気の記事

過去の記事

カテゴリー

タグランキング

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。