スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
スポンサード リンク

EclipseによるhashCode()およびequals()の生成

equals()メソッドの実装は思うほど簡単ではないと前回の記事「Javaによるequals()メソッドの実装」で書きました。そして、Javaの統合開発環境Eclipseでequals()メソッドを生成できることに触れました。また、そこでは触れませんでしたが、hashCode()メソッドもEclipseによって簡単に生成することができます。

そこで、今回はEclipseでhashCode()とequals()メソッドを生成する方法を説明します。例として複素数クラスComplexを用います。

1. ソース > hashCode() および equals() の生成

Eclipseのメニューバーから、「ソース > hashCode() および equals() の生成」をクリックします。

hashCode() および equals() の生成

2. hashCode() および equals() メソッドにインクルードされるフィールドを選択

ポップアップウィンドウが現れるので、hashCode() および equals() メソッドにインクルードされるフィールドを選択します。複素数クラスComplexのオブジェクトの論理的な等しさは、フィールドreとimに依存するため、この2つのフィールドを選択します。

hashCode() および equals() メソッドにインクルードされるフィールドを選択します

3. 生成完了

プログラムにhashCode()とequals()が追加されます。

Eclipseによって生成されたhashCode() および equals()

関連記事


スポンサード リンク

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

00 : 00 : 00 | プログラミング-Java | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<IT業界全体がブラック で は な い -インターンシップでわかったこと | ホーム | Javaにおけるequals()メソッドの実装>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://networkprogramming.blog18.fc2.com/tb.php/81-d6b97bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

TBVector

Author:TBVector

プロフィール

メールフォーム

記事検索

Google

最近の記事

人気の記事

過去の記事

カテゴリー

タグランキング

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。