スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
スポンサード リンク

IT業界全体がブラック で は な い -インターンシップでわかったこと

近年、ネットを中心にIT業界のネガティブなイメージ(3K, 7K, ..., 42K, ブラック企業, デスマーチ, ...)がどんどん広まっており、主な就職先がIT業界である情報科学、情報工学、計算機科学といった分野を専攻する大学生は気が重いのではないでしょうか?

私もそのひとりで、プログラマやSEは避け、研究職を目指そうかと考えていました。しかし、実際に自分の目で見てみないとなんともいえないだろうということで、某SI企業へインターンシップに行ってきました。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
黒井勇人

新潮社 2008-06-26
売り上げランキング : 12447
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
結論としては、IT企業に就職したくなりました。行った会社が良かったのだとは思いますが、とても雰囲気がよく、エンジニアの方々が生き生きとしていました。ちなみに、人事の方々もすごく楽しそうでした。

ただし、ひとつ不満は残りました。私がこの業界を気に入らないもうひとつの理由に「学部不問」があります。確かに、IT業界では文系と(情報系以外の)理系を区別する必要は(あまり)ないと思いますが、大学で4年ないしは6年(学部+修士)情報を学んできた学生まで同じくくりにしてしまって本当によいのでしょうか?

大学で学ぶ知識がそのまま実務で役に立つわけではありませんが、会社の研修やOJTでは教えきれない大切なことがあると思います。

うまく言葉にできませんが、「とにかく動くけばいいや」的な発想をしているからいつまでたってもこの業界は成長せず、それどころか限界が見え始めているのではないでしょうか?

一見遠回りに見える「理論的に正しく、そして、実際に動く」モノを作るという発想こそが、この業界の未来にとっても、お客様にとっても大切であると私は思います。そして、そのためには計算機やその関連分野について体系的に学んだ技術者が必要不可欠であると私は思います。

スポンサード リンク

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事 - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

00 : 00 : 00 | IT業界 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<缶コーヒーは甘い | ホーム | EclipseによるhashCode()およびequals()の生成>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://networkprogramming.blog18.fc2.com/tb.php/82-af82a821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

TBVector

Author:TBVector

プロフィール

メールフォーム

記事検索

Google

最近の記事

人気の記事

過去の記事

カテゴリー

タグランキング

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。