スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
スポンサード リンク

getcwd()関数でpwdコマンドを作ってみた

一時期、UNIXのコマンドを作ってみようと思っていくつか作ったのですが、pwdコマンドを実装したプログラムを発掘しました。すごく簡単なプログラムですがせっかくなので公開してみます。他にはcatなどを作ったのでそちらも後日公開しようと思います。

プログラム

/* mypwd.c */

#include 
#include 

int main(int argc, char *argv[]) {
  char buf[BUFSIZ];
  if(getcwd(buf, sizeof(buf)) != NULL) printf("%s\n", buf);
  return 0;
}

現在の作業ディレクトリ(カレントワーキングディレクトリ:Current Working Directory)を取得するには、getcwd()関数を使うのが簡単です。getcwd()関数そのものを実装するのはたいへんな作業になるので、ここでは関数を利用しています。

実行結果

xxxx@ubuntu-vm:~/work/os$ ./mypwd
/home/xxxx/work/os
xxxx@ubuntu-vm:~/work/os$ cd ..
xxxx@ubuntu-vm:~/work$ ./mypwd
/home/xxxx/work

関連する記事

Linuxプログラミング―例題で学ぶUNIXプログラミング環境のすべて
Linuxプログラミング―例題で学ぶUNIXプログラミング環境のすべてNeil Matthew Richard Stones 葛西 重夫

ソフトバンククリエイティブ 2004-08
売り上げランキング : 122818

おすすめ平均 star
starはじめの一歩に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新Linux/UNIX入門
新Linux/UNIX入門林 晴比古
ソフトバンククリエイティブ 2004-07
売り上げランキング : 41645

おすすめ平均 star
star初心者にはちょっと難しい?
star間違いない入門書
starバイブル的にずっと使える1冊だと思います。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサード リンク

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ - ソーシャルブックマーク: この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録

23 : 14 : 16 | プログラミング-UNIX | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Google Earthの3Dレイヤ「Ancient Rome 3D」がすごい | ホーム | Google Web Toolkit(GWT) を使ってみた>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://networkprogramming.blog18.fc2.com/tb.php/96-8061db4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

TBVector

Author:TBVector

プロフィール

メールフォーム

記事検索

Google

最近の記事

人気の記事

過去の記事

カテゴリー

タグランキング

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。